エリアマーケティングの必要性

では、費用対効果を上げていっているクラブはどうしているのでしょうか?
集客の考え方を新規入会者の数ではなく、費用対効果で考えます

販促のターゲットエリアを明確にし、攻めるエリアには追加投入し、捨てるエリアには削減をしています。

そういった努力をする事で、費用対効果を徐々に向上させて好循環になっていきます。
あたなの自宅に入らなくなったチラシはそういう理由からだと考えられます。

 

レスポンス率が下がってきた今だからこそ、自社エリアに対してのマーケティングの必要性は高くなっています。