「魔法のエリアマップ」とは?

簡単にいうと前述しました

@自社の商圏の中で、Aターゲットエリアはどのエリアかを把握した上で、B新聞折込理想エリアはどこなのか?

が簡単に浮かびあがる魔法のツールです。

 

例えば、ある販促チラシに中高年がターゲットの「シニア会員」を打ち出す内容があったとします。


中高年の方は駅近の立地よりも近くに便利なスーパーがあるなど、ライフスタイルに基づいたエリアに住居することが多いです。


そのようなケースは「国勢調査の50歳以上人口数」でセグメントします。

 

別の例を考えましょう。


「親子で参加してください!」というような家族を狙った集客イベントのビラをスタッフでポスティングしようとします。


自社から近い家に手当たり次第に撒いていきますか?

最低でも時給800円はかかっている人件費を考えると非常に効率が悪いですよね。


そのような場合は、ターゲットである「家族」をキーワードに「国勢調査の一戸建世帯率」や「持ち家世帯数」が多いエリアをセグメントしてポスティングに具体的な指示を出すことで効率を上げていけます。

 

どんな属性でセグメントが出来るのかは、こちら

 

実物を見てみないと分からない!という方は営業担当に問い合わせていただくか、もしくは問い合わせフォームから無料サンプルの依頼をお気軽にどうぞ! 

 

mark_bana.jpg お問合せはこちら